このページの本文へ

障害者専門 クラウドソーシングサービス

障害者専門 クラウドソーシングサービス

サニーバンク

ここから本文

トピックス

イメージ:トピックス

バリアフリー eスポーツ「ePARA2020」が開催されます!

2020年05月21日

2020年5月31日(日)にバリアフリー eスポーツ「ePARA2020」が開催されます。このイベントはePARA実行委員会が主催する障害者を対象とした eスポーツイベントで、昨年行われた「ePARA2019」に続いて2回目の開催です。

今回はゲームや福祉、障害者就労に関わる皆様とパネルディスカッション及びエキシビションマッチを行い、その後、一般参加者によるブロスタのゲームマッチを開催します。
ePARA2020」では、第3部 ブロスタ大会(一般参加者によるゲームマッチ)の運営においてサニーバンクも協力しています。
第3部では、聴覚障害のある方にも楽しんでいただけるように、音声をリアルタイムで字幕に変換して提供する予定です。

イベント概要

【日時】 2020年5月31日(日)11:00〜15:00
【開催場所】オンライン開催・オンライン配信
【内容】
第1部:オンラインパネルディスカッション
1.「リモートワークと障がい者雇用」

パネリスト(順不同)

セガサミービジネスサポート株式会社 代表取締役社長 一木 裕佳 氏

グリービジネスオペレーションズ株式会社 代表取締役社長 福田 智史 氏

モデレーター:ePARA代表 加藤 大貴

2.「バリアフリーeスポーツの可能性」

パネリスト(順不同)

株式会社プレイブレーン 代表取締役社長 マイク・シタール 氏

株式会社 NTTe-Sports 取締役副社長 影澤 潤一 氏

一般社団法人ソーシャルインクルージョン世田谷 代表理事 望月 雅 氏

モデレーター:ePARA代表 加藤 大貴 氏

第2部:エキシビジョンマッチ(ぷよぷよeスポーツ)

参加者:第1部登壇者

第3部:ブロスタ大会(一般参加者によるゲームマッチ)

参加者:障害者30名程度・健常者20名程度

<参考>プレイレポート 聴覚障害者くらげのブロスタ戦記 ~初陣編~

バリアフリー eスポーツとは

eスポーツを活用して、障害者がやりがいをもてる仕事への就業機会を提供し、「障害者がその個性に応じて活躍できる社会」を実現したいというメッセージを込めています。ePARA実行委員会は、ePARAを開催することで障害のあるなしに関わらず ”人間は困難や限界を乗り超える力を持っている”ことを発信し、このメッセージを実現し、より平等な社会を目指します。

「ePARA」実行委員会代表 加藤 大貴 氏よりメッセージ

私は、2019年に裁判所職員を辞めて福祉業界に飛び込みました。仲の良い障がい者が増えるにつれ、「障がいの有無に関わらず、お互いを尊重しながらコミュニケー ションする機会を広げたい」と思い、そのツールとして「eスポーツ」を選択し、「バリアフリーeスポーツ大会 ePARA」を立ち上げました。

「eスポーツ」には、「距離が離れていても一緒に競い合える」という大きな可能性があります。ぜひ、皆様のお力添えをいただき「ePARA2020」を盛り上げたいと思いますので、ご協力お願い申し上げます。

サニーバンクのワーカーさまへご案内

サニーバンクに登録している方は、ePARA2020を視聴の上でアンケートに回答するとポイントが付与されます。奮ってご視聴ください。
(アンケートに関するご案内は別途行います)

ePARA2020」の視聴用URLはこちら
※当日にライブ放送されます。

まだ会員になられていない方も、会員になることでアンケートに回答いただくことができます。
サニーバンク新規登録フォームはこちら