サニーバンクとは

サニーバンクの想い

できない事(Shade Side)で
制限されてしまう仕事より
できる事(Sunny Side)を
仕事にしよう。

サニーバンクの想いイメージ

サニーバンクは、障害者専門のクラウドソーシング サービス。

障害者ができる仕事、障害者だからこそできる仕事、それらを法人・個人問わずに仕事として発注して頂き、その仕事を遂行できる人(障害者)が受注するシステムです。

現在の日本は障害者が働く (お金を稼ぐ) といことに対して環境が整っているとは言えない状況です。

勤務地の問題、勤務時間の問題、職場環境の問題、ヘルパーの問題、通院の問題、そして給与の問題。多くの問題を抱えているため、働きたいけど働くことが困難という方が多くいらっしゃいます。

サニーバンクではそれらの問題を解決していくべく「在宅ワーク」を中心に、障害者の方々が無理せずできる仕事を提供していきます。

就職したけども続かなかった方、毎日の通勤が大変な方、介助が必要な方、障害者が誰でもできるような単純な作業よりも自分ができる仕事を在宅ワークにて「受注する」方が自分らしいという方、そういった方々に向けて、サニーバンクはいろいろな仕事を提案・提供し続けていきます。

サニーバンクの考える障害という表記について

サニーバンクの考える障害という表記についてイメージ

サニーバンクでは「障害」=「社会と関わる際に直面する障害」という理解をしており、障害は社会の側から改善および解消することが必要と考えています。

そのため、当たり障りのない表現にはせずに、正面から障害を改善および解消させていくためにも「障害」という表記を選択しております。

障害者の方へ安心してご利用いただくためにサニーバンクでおこなっている取り組み

講習会の事前研修の実施

講習会の事前研修の実施イメージ

仕事を受けるにあたり、一定の知識やスキルが必要となる案件もございます。そのような案件は事前に講習会を開催し、一定のスキルに達した方にのみ案件を発注致します。

たとえば一例として、講習会の受講が必要な業務としては、アクセシビリティ診断のお仕事がございます。

ウェブコンテンツにかかる日本産業規格(JIS) を理解した上で、基準に沿ってウェブサイトが構築されているかを確認するために、ウェブサイトの構成および規格の内容について講習会を実施致します。

初級・中級・上級と分かれており、上級ではHTMLの文法チェックまでおこないます。

発注をいただく事業主の方はすべてサニーバンク事務局で確認済

発注をいただく事業主の方はすべてサニーバンク事務局で確認済イメージ

「仕事をしたのに支払いがされない…」「途中から連絡がつかなくなってしまった…」といった問題を防ぐために、サニーバンクで案件募集をできる事業主の方はすべて事前確認をおこなっています。

運営会社について

会社名 株式会社メジャメンツ
所在地 〒104-0061
東京都中央区銀座6丁目13番7号 新保ビル606
代表者名 代表取締役 上濱 直樹
設立 2011年07月
事業内容 障害者専用のクラウドソーシングサービス
ページトップへ移動