このページの本文へ

障害者専門 クラウドソーシングサービス

障害者専門 クラウドソーシングサービス

サニーバンク

ここから本文

アドバイザー紹介

さとうひさむ

株式会社仙拓 代表取締役

プロフィール

平成4年に10万人に一人が発症すると言われる難病の「脊髄性筋萎縮症」との診断を受ける。

障害区分は認定の最重度 区分 6で肢体不自由で寝たきり。
全身で動くのは、指先が数センチだけだが、話すことは可能な状況。

平成22年に愛知県立港特別支援学校高等部を卒業後、障害を持っていることが原因で就職が非常に困難な現実を目の当たりにし、深い挫折を味わう。

しかし、そのことがきっかけで、同じ難病を抱える友人と二人で平成23年に19歳で名刺とWEB サイトを制作する「株式会社仙拓」を立ち上げる。

その後重度障害者の雇用し、健常者含め8人で会社を運営している。

現在は、「株式会社仙拓」の代表取締役社長と一般社団法人日本ピアカウンセリングアカデミーの校長を務めている。

そのほか、
国会議員に障害者所得倍増に関する説明を行なったり、スイスのヴェヴェーにある売上高世界最大の食品メーカーネスレ (Nestle S.A.) の日本法人であるネスレ日本株式会社のアドバイザーを受託したりもしている。

将来的には「重度障害者の働ける会社」として、雇用拡大と賃金アップを図りたいと日々奮闘中。
その他、講演会の依頼も多く、テレビ、新聞などメディアにも多く取り上げられている。
また、執筆活動も精力的に行っている。