受注/発注できる仕事について

■ 受注・発注できる仕事について

まずはお気軽にご相談ください。

障がいを持つ人達はそれらのバリアをなくすために努力し、健常者がなかなか得られないスキルを持っている方も多数存在します。それらを発注者の業務に活かすことが出来れば、新しい付加価値を得ることができます。いくつか例をご紹介いたします。

  • ・視覚障がい者は指先が繊細で器用

    あるタオル工場では視覚障がい者にタオルの品質をチェックしてもらってます。点字を読める繊細な指先は通常の人達が感じない程の違和感も感知します。この「指先のセンサー」を活かせる仕事はこれ以外にも沢山存在します。鍼灸師、あんま師が多いのもそのためです。

  • ・視覚障がい者、聴覚障がい者は嗅覚が敏感

    視覚障がい者や聴覚障がい者は道を歩くときや買い物をするときなど、意外と嗅覚を使っています。盲目の方が道を歩くとき、頭の中に地図を描きながら歩きますが、その時に牛丼屋さんの匂いやコーヒーショップの匂いで位置補正をする方もいらっしゃいます。一つの情報が遮断された時、他の情報を得るセンサーが鋭敏になります。そのスキルを活かして匂いに関するマーケット調査などにも新しい付加価値が生まれてきます。

  • ・視覚障がい者は聴覚も敏感

    視覚障がい者が最も情報を得るのは耳からです。そのため、絶対音感を持っている方も多数いらっしゃいます。カラオケの採譜などを得意とし、仕事にされてる方も多くいらっしゃいます。

  • ・知的障がい者はミスが少ない

    これは一瞬、反対ではないか?と思う方も多いと思います。しかしこれは事実です。確かに曖昧な線引きは苦手とする障がい者も多いですが、曖昧さを無くし、細かいルールを作って誰でも同じ作業ができるような環境にした場合の彼らの集中力は凄いです。健常者は慣れてくると手を抜いたり集中力を欠いたりしてミスを犯しますが、彼らは「自分はミスをする」というのを理解しているため、高い集中力を維持し、結果ミスの少ない納品が可能です。

障がい者だから持っているスキル、障がい者だから提供できる情報、なかなか想像しづらいと思います。お気軽にご相談いただけましたら、「新しい付加価値」をご提供できるかもしれません。

もちろん「誰でもできる簡単な仕事」も受け付けております。

まずはお気軽にご相談ください。

【スキルを活かせる業務(一例)】

・音源からの採譜(カラオケ用)

・駅などでのスピーカーの聞こえやすさ調査

・視覚障がい者を集めて匂いや味に関する聞き取り調査

・はり・きゅう・マッサージ

・ラベル貼りなどの単純作業

など

【障がい者だから分かる業務(一例)】

・Webサイトの使いやすさ診断

・施設のバリアフリー診断

・点字図書の確認、点字メニューの作成

・福祉車両など福祉用デバイスの検査

・新商品が高齢者や障がい者でも使えるかといったホームユーステスト

など

【障がい者でもできる業務(一例)】

・中小企業向けWebサイト制作(WordPress)

・簡単なプログラミング

・コールセンター業務(在宅)

・名刺作成

・データ入力

・文字起こし

など