このページの本文へ

障害者専門 クラウドソーシングサービス

障害者専門 クラウドソーシングサービス

サニーバンク

ここから本文

トピックス

サニーバンクの新アドバイザーとして板垣宏明氏 (NPO法人アイ・コラボレーション神戸理事長) が就任しました

2021年03月05日

2021年3月1日付で新たなアドバイザーとしてNPO法人アイ・コラボレーション神戸理事長の板垣 宏明氏が就任しました。

サニーバンクのウェブアクセシビリティ診断の需要が高まっています

最近では、社会的に「ウェブサイトアクセシビリティ診断」の需要が急増しており、診断を担う企業も増えています。しかし、障害者自身がウェブサイトの検査を行うサニーバンクのウェブアクセシビリティ診断は他に例を見ないユニークなものとなっております。

サニーバンクでは実際に障害者がサイトを見て診断するため、機械的に検出したり健常者がマニュアル的に検査したりするよりも「実際に使えるアクセシビリティ」が実装できると顧客からの評価が高まっており、ウェブアクセシビリティ診断業務の受注量は順調に増加傾向にあります。

サニーバンクの現状について

サニーバンクは障害者のサニーサイド(明るい面)をバンクし、障害者「だからこそ」の仕事を創造することを目指しております。その中でも、ウェブアクセシビリティ診断の業務はまさに障害者が直接取り組むことで他にはない付加価値を生み出せるものとしてサニーバンクの受注する仕事の中核を担っています。

板垣 宏明氏にアドバイザーに就任いただくことで、このウェブアクセシビリティ診断の更なる体制強化を図り、取引可能な案件数を大幅に増加させることが可能になりました。

板垣宏明氏について

板垣宏明氏写真

板垣 宏明氏は、先天性多関節拘縮という障害があり日常生活では電動車いすを使用する身体障害者当事者です。2006年からNPO法人アイ・コラボレーション神戸に勤務し、2016年に同NPOの理事長に就任。現在も精力的に活躍し続けています。

アイ・コラボレーション神戸は神戸市のポートアイランドにある就労継続支援A型事業所で、ホームページ制作・デザイン・システム構築・アプリなどのUI設計・ウェブアクセシビリティ診断・ユーザ評価・職員研修を行っております。また、同NPOでは2016年より「アクセシビリティの祭典」、2018年より「わたしたちの未来をつくるアイデアソン・ハッカソン」を主催しています。

このような経験や見識を持つ板垣氏を迎えることで、サニーバンクでウェブアクセシビリティ診断を担える人材をより速いペースで育成し、社会的な需要に応えるため、より多くの診断業務を受注できるものと期待しています。

アットプレスに掲載されたプレスリリースはこちら